サイトメニュー

より安全性を増させる方法

品川整形注射

安全に治療を受ける為の努力も必要

美容医療施術の1つであるボトックス治療は、手術のいらない整形術なので腫れたりする副作用がほとんどありません。注射するだけの治療なので、傷跡が残る事はなく施術後に人目に触れても美容整形を受けた事がバレる心配もありません。注射する薬剤であるボツリヌストキシンは世界70か国以上で治療薬として認められており、厚生労働省も副作用の心配がない事を認めています。日本の多くの美容クリニックで受ける事ができ、ボトックス治療については製薬会社のアラガン社が、安全に使用できる医師である証になる認定研修も行っています。ボトックス治療の薬剤であるボツリヌストキシンは人工物ではなく、ボツリヌス菌から抽出された天然のたんぱく質です。ボツリヌス菌の神経毒を応用して、筋肉が原因で起こる美容の悩みを解消する事に活かされています。医療現場でもボツリヌストキシンが使用されており、脳梗塞後遺症である筋固縮治療やリハビリ、その他顔面痙攣等の治療に現在も活用されており、臨床データも豊富な治療薬です。

ボツリヌストキシンは副作用がほとんどない事で知られていますが、医療施術なのでまったくノーリスクであるとは言えません。起こりえる副作用として、筋肉が弛緩しすぎて咀嚼できないや表情を作れないといった事が過去報告されています。薬剤であるボツリヌストキシンが原因ではなく、施術誤りが要因です。ボトックス治療は注射するだけですが、施術自体決して簡単なものではありません。希望や状態は個人差があり、それに合わせてボツリヌストキシンの注入量を調整する必要があります。また狙った部位の筋肉へ正確に注射する技術も必要で、それに加え注入する深さも調整する必要があります。ボトックス治療は決して簡単な治療ではないので、安全な治療と言われていてもクリニック選びは大切です。費用や通いやすさも大切ですが、「何よりもボトックス治療に精通しており経験豊富な医師やクリニックである事が、自分でできるリスク回避と言えます。アラガン社が行う認証研修を終えているか否かも、見極めるポイントになります。