サイトメニュー

施術内容と価格

女性

価格に差が生じる理由とリスク回避の知識

医療施術全てが保険適応ではなく、美容目的のボトックス治療は保険適応外になり全額負担になります。保険適応外治療は自由診療と呼ばれ、クリニック毎に自由に治療費を決めて良い事になっています。ボトックス治療は副作用が起こる事も限りなく低い治療として知られています。その為患者は10割負担なのでクリニック毎に支払う治療費が異なるのなら、可能な限り費用負担が抑えられるクリニックを選びます。その為、各クリニックは全国平均の相場を参考にして各クリニックで費用負担の差が大きくならない様に設定しています。また自由診療では自由に価格設定できますので、クリニック毎に自由に割引制度を導入しても良い事になっています。結果的に費用の基本は各クリニック毎に大きな差が生じませんが、割引制度によって価格差は生じるという、自由診療ならではの副作用が現れています。割引制度の多くは会員割引ですが、期間限定や初回お試し治療サービス価格等、各クリニックで独自の制度を設けているので、ホームページの確認は必要です。

ボトックス治療で使用される薬剤であるボツリヌストキシンは、長年医療現場で使用されています。現在も使用されており、副作用の報告は世界中からありません。ボトックス治療は安全性が高いですが、副作用の心配はないのが確立されているのは薬剤であるボツリヌストキシンの方です。この治療の効果は、筋肉の過緊張を緩和したり、脳から筋肉への伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制するものです。筋肉の緊張により細かく動く事で皮膚にダメージが蓄積される事もなくなりしわ改善を果たせます。また筋肉は使用を抑えられる事で徐々に痩せていき、結果筋肉太りを解消する事ができます。この様に筋肉が原因で起こる美容上の悩みを解決する事ができますが、注入量を誤ると過剰に効果が現れて筋肉が動かしづらくなり、生活活動に支障が発生します。クリニックは適切な量を注入できる様に、状態把握と希望の把握に尽力してくれます。ボトックス治療は副作用のない安全な治療と言われていますが、リスクがゼロの医療施術はありません。それを念頭に、限りなくリスクがゼロになる様に医師は努力し、患者も協力する姿勢が必要です。